PSI ドメイン講座 Vol.005

トップ・レベル・ドメインのうち、「.com」「.gov」「.org」などは、みなさんもどこかで見かけたことがあるでしょう。

これらはいずれも、 gTLD(ジェネリックトップレベルドメイン)と呼ばれるカテゴリに属します。基本的に全世界共通で、主に、その用途や分野で認識されるドメインのことになります。

.com(商業組織)
.gov(アメリカの政府組織等)
.net(情報インフラに関わる組織等。但し現在は制限なし)

等々、いろいろありますが、少し変わったところでいうと、
.mil
などは、日本に住んでいるとあまり見かけることのないgTLDですね。これは、”military” のことで、アメリカ合衆国の軍隊組織を指します。

陸軍省の公式サイトURLは、
https://www.army.mil

空軍は、
http://www.af.mil

海軍は、
http://www.navy.mil

海兵隊は、
http://www.marines.mil

といった具合です(アメリカにおいて、海兵隊はもともと陸軍とも海軍とも違った兵科として位置づけられています)

こういった部分にもお国柄があらわれるもので、たとえば日本の陸上自衛隊は、
http://www.mod.go.jp/gsdf/
であり、防衛省の下部組織として、スラッシュが入り、いちサブドメインとして扱われています。自衛隊はもちろんアメリカ軍に属してはおりませんし、憲法上の規定もあり安易に上記.milに類するドメインを使用できませんが、省庁の下部構造に位置付けることで、ある意味、より厳密にシビリアン・コントロール(文民統制)が効いていることの対外的な宣伝には、なっているでしょうか(?)

少々、話が脱線しましたが、やはりドメインもインターネットの母国アメリカ中心という部分があるようです。

Photo credit: DVIDSHUB via VisualHunt.com / CC BY