Koshi Yamazakiさんのブログ

ccTLD世界紀行 第15回 ki.(キリバス共和国)

以前、tv.ドメインを割り振られた、南太平洋のツバルについてご案内しました。他にも意味合い的に応用可能なドメインを、国富創出の基にし、地球温暖化による海面上昇、国土消失の危機に立ち向かうさまを、ご記憶の方も多いと思います。

今回は、ツバルとよく似た、相似形といっていいケースを紹介します。国の名前は、キリバス共和国(Republic of Kiribati)です。

南太平洋の島嶼国家は、その位置関係を文章で言い表すのがたいへんに難しいのですが、赤道を挟んで中部太平洋の広大な海域に散在する、33個のラグーン(サンゴ礁)から成ります。サンゴ礁といっても、居住可能なくらいに大きな島嶼もあり、ハワイ諸島の真南にあたるキリシマスィ島(クリスマス島、とも俗称されます)などは、美しい遠浅の焦湖が、世界最大のラグーンいっぱいに拡がることで有名です。

とはいえ、この国でもっとも有名な島は、国土(?)の西方、ギルバート諸島に属する、タラワ環礁でしょう。歴史にくわしい方なら、聞き覚えのある名前かもしれません。第二次世界大戦たけなわの1943年末、このタラワ環礁のへりに突き出た主島・ベティオ島で、島を占領していた日本軍と、上陸作戦を行ったアメリカ海兵隊とのあいだで3日間の壮絶な戦闘が行われ、世界的に有名になりました。

ccTLD世界紀行 第14回 gs.(サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島)

PSIのお送りするccTLD世界紀行、今回は、久しぶりに、誰も行ったことがないであろう辺境の小島を(また)やってみたいと思います。

もとより、旧大英帝国領や海外領土の島嶼群は、現在住民がほとんど居ないようなさびれた小島であっても、堂々とccTLDが割り振られたりしています。 これは、以前にも触れたように、ドメインに関するさまざまな決め事が、国際標準化規格等々と絡むことがおおいため、それらが急速に整備された19世紀末から20世紀初頭にかけての世界の中心、すなわち大英帝国の影響が色濃く残っているということなのかと思います。

それはともかく・・・今回採り上げるのは、 サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島 South Georgia and the South Sandwich Islands ・・・行ったことのある人、います? まず、居ませんよね。それもそのはず、大西洋の南の涯にある島々です。昔は、主力エネルギー源だった鯨油を求めて世界中を駆ける捕鯨船団が寄港地にしていたようなこともあったそうですが、さすがに不便すぎ、また極地の風が吹き付ける厳しいツンドラ気候は、人類の定住には向かなかったようです。

ccTLD世界紀行 第13回 cn.(中国)

ccTLD世界紀行、今回はcn.を採り上げます。いわずとしれた、世界最大の超大国、中国に割り振られたccTLDです。 みなさんもご存知のように、この国のインターネットは、いわゆる「グレート・ファイアウォール」に取り囲まれた、独自の閉鎖的な環境下で利用されていることが知られています。

 

とはいえ、国際的に閲覧されるグローバルなインターネット・サイトについては、中国といえども国際ルールが適用されます。 .com.cn(企業)、.gov.cn(政府機関)、.mil.cn(軍事機関)、.bj.cn(北京)、.js.cn (江蘇省)等々・・・これらcnドメインを冠したサイトは、いったい、いくつあるのでしょうか?日頃、日本に住む我々があまり見ることのない領域かと思われるため、なんだか無限の奥行きを感じて、ある意味空恐ろしくすら、なってきます。

 

ただし、一国二制度 の適用対象となる香港は、.hkという別のccTLDが公式に割り振られ、政治的に係争中の台湾についても、.twという別ccTLDが使われています。歴史と現実の複雑さが、そのままccTLDにも影を落としている、と言えそうです。

ccTLD世界紀行 第12回 gg.(ガーンジー)

 ccTldのうちのひとつ、.gg は、ガーンジーに割り当てられたものです。インドの政治家の名前ではありません(笑)。

 

ガーンジーは、イギリス本土とヨーロッパを隔てる狭い海峡にばら撒かれたように散らばるチャンネル(海峡)諸島に属し、主島であるガーンジー島のほか、いくつかの小島嶼群から成っています。  欧米で人気の高い冒険小説の名作「鷲は舞い降りた」で、チャンネル諸島は、敵方のドイツ軍に占領されており、スパイたちがイギリス本土に潜入するための前進基地として使われていました。イギリスのようでイギリスでない、不思議な立地とも言えそうです。  

 

このガーンジー島ですが、英語で表記すると、“Bailiwick of Guernsey”となります。“Bailiwick”は、見慣れない英単語ですが、「代官管轄区」と訳され、その昔の大英帝国の徴税吏が間接統治する辺境の地を指し示す語です。  

 

現代では、ガーンジーは、タックス・ヘイヴンとして知られています。この小さな島を舞台に、世界から資金が集まり、日々、様々な租税回避施策や現代ならではの錬金術が練られているのですね。 Photo credit: neilalderney123 via Visualhunt.com / CC BY-NC

ccTLD世界紀行 第11回 ph.(フィリピン)

ccTLD世界紀行、今回はph.を採り上げます。東南アジアの大国、フィリピンに割り振られたccTLDです。

 

ルソン、ミンダナオなどを中心に、大小数千もの島々からなり、さまざまな民族が混血した魅力的な人々が住むこの国は、わが国とは、台湾を挟んだ一軒向こうのご近所さんにあたります。数百年前から交流もあり、戦争中は占領していた時期すらあったりして、かなり身近な国のはずなのですが、なぜか一般の生活レベルでは、その存在感を色濃く感じる機会は限られていますね。

 

あまり知られていませんが、いまや同国は、人口1億人を超える超大国です。経済成長も著しく、若年層が多いことから、かなりの勢いがあります。政治面でも、かなり個性的で強烈なキャラクターを持った大統領が登場し、世界的に話題を撒いていますよね。

 

ph.というと、フィリピンとすぐには結びつかず、なんだかpH濃度を測る単位のようで少しヘンな気がしますが、電話(phone)を連想させるドメインとして、他国でも販売されている例があるそうです。わかりにくい(?)ccTLDの、意外な効用ともいえそうです。 Photo credit: autan via VisualHunt.com / CC BY-NC-ND

 

 

ccTLD世界紀行 第10回 cc.(オーストラリア領ココス諸島)

 ccTLD世界紀行、今回のccTLDは「.cc」です。どこかで観たことのあるようなドメインですが、こちら、実はオーストラリア領ココス諸島に割り当てられたccTLDになります。

オーストラリア領ココス諸島...「しらんがな」というみなさんの声がまた聞こえてきそうです(笑)。もちろん、筆者も行ったことはありませんが、マレー半島の西側、インド洋の東縁に位置する、小さな、小さな島々のことです。

名前の由来は、ココヤシ(Cocos)の木から。キーリングさんというヨーロッパ人が、はじめてこの島を発見したとき、ここは無人島で、ただココヤシの木がいちめんに生えているだけだったそうです。以降、ここはヨーロッパ人の支配するココヤシのプランテーションとして開発されました。

この辺境にある島が、国際的な注目を浴びた事件があります。第一次世界大戦中、神出鬼没の活躍で連合国の艦隊に大打撃を与えたドイツの軽巡洋艦「エムデン」が、最終的に撃破され座礁、放棄されたのがここ。その残骸をサルベージ・解体したのは第二次世界大戦後の日本の業者なので、ある意味でココス諸島は、戦後日本の復興と外貨獲得に一役買ったことになりますね。

ccTLD世界紀行 第9回 io.(イギリス領インド洋地域)

ccTLD世界紀行、今回のccTLDは「.io」です。どうにも、視認しにくい不思議なドメインですが、こちらは、イギリス領インド洋地域(British Indian Ocean Territory)、に割り当てられたccTLDになります。

そんな国あるかいな! というのが、たぶんみなさんの心の声でしょう(笑)。そのとおり、独立国ではなく、ヴィクトリア女王を元首に戴いた、大英帝国の海外領土のうちのひとつです。下向き(南向き)の三角形をしたインドの頂点から、南に数千キロ(!)のインド洋上の広大なエリアに散在する、2300を越える島々を指します。

独立したccTLDが割り振られていますが、この広大なエリアに人口はわずか3500人ほど。1島あたり、2人もいない計算になりますね(笑)。おそらく、ほとんどが無人島や無人の珊瑚礁であると思われますが、いずれにせよ、なにもかもが密ではなく、とっても疎な感じがします...せっかくccTLDが割り振られているのに。

小米、どころか...

これまで、さまざまなドメインの種類について説明してきましたが、「早いもの勝ち」という原理原則を踏まえ、いちはやく取得したドメインを、うまく売却して巨額の値がついた事例があります。

今回も、前回に引き続きPSIドメイン講座の番外編として、実際にあった高額のドメイン取引事例をご紹介しましょう。 いまや、全世界に影響を与える牽引車ともいえる、中国経済。その尖兵的な存在のうちのひとつが、モバイル・デバイス・メーカー、Xiaomi(シャオミ)です。 漢字表記では、小米科技、となります。設立当初、中国当局から農業関連の企業だと勘違いされたというエピソードもありますが、語感は、ちょっとかわいい感じですよね(笑)。

「カワイイ」文化圏とも言われる日本人には受け入れられやすいかもしれないブランドネームなのですが、残念ながら、漢字表記を理解できる外国人(中国から見た)は、少数派です。 全世界にいるユーザー、あるいは見込みユーザーにとっては、Xiaomi(シャオミ)こそがブランドネーム。もちろん、これはこれで受け入れられているブランドネームではあるのですが、公式サイトでは、間違えようのないような、誰にでもわかりやすいドメイン・ネームを採用したようです。

ダイヤモンドは永遠に

これまで、さまざまなドメインの種類について説明してきましたが、「早いもの勝ち」という原理原則を踏まえ、いちはやく取得したドメインを、うまく売却して巨額の値がついた事例があります。

今回は、PSIドメイン講座の番外編として、実際にあった高額のドメイン取引事例をご紹介しましょう。 ダイヤモンド...女性の永遠のあこがれ、美と富の象徴です。それを、そのままあしらったドメインネームは、おそらく最強のショーケースになるでしょう。

実際、750万ドルで売買されました。 http://www.diamond.com もう、今から10年以上も前のことなので、オンライン・マーケットが当時とは比較にならないくらいに巨大になった現在では、その価値は計り知れないのではないでしょうか。実際、このドメインを現在使用しているのは、オンラインのジュエリーECサイトです。

PSI ドメイン講座 Vol.009

少しあいだが空いてしまってすいません!PSIドメイン講座、第9回になります。

前回は、いわゆるJPドメインについて触れました。今回は、その少し深掘りをしてみたいと思います。一部、これまでの回と内容が被る部分もありますがご容赦くださいね。

基本的に、JPドメインには、以下の3種類があります。
・汎用JPドメイン
・都道府県型JPドメイン
・属性型JPドメイン

なんだか、言葉だけではわからないですよね。それぞれ説明しましょう。

・汎用JPドメイン
汎用JPドメインは、co、neなどといった組織や機能を判別するパートを持っていません。ですので、単にJPがつくだけ、という形態になります。
たとえば、psi.jp / wixi.jp といったものです。
なんらの区分けもできないため、法人・個人の区別もつきません。申請にあたっては、もちろん個人でも法人でも可能。原則的に日本に本籍あれば登録可能です。また、いくつ申請しても問題ありません。早いもの勝ちでいくつでも取得可能です。

ページ

Subscribe to RSS - Koshi Yamazakiさんのブログ