大切なお知らせ:請求、サポート、更新説明など

お客様各位
 
平素より格別のお引き立てをいただき、誠にありがとうございます。弊社は1981年の創業以来35年間にわたって営業してまいりましたが、これから先も、お客様と長くお付き合い頂けるよう、
サービスの拡充に努めてまいります。
 
2016年4月12日、弊社はドメインの登録管理システムのアップグレートを行いました。それまでご利用いただいておりました旧システムは、11年前に作られて以来大きなアップグレードが行われず、取り扱うドメインの種類も限定され、そしてDNSやSSLなどの付随するサービスもなく、多くのお客様のご期待に添うことができませんでした。
 
しかしながら、数百を越える新たなドメインの種類が増える時代を迎え、今後も弊社が新しいドメインに関するニーズに応えていくためには、大幅なシステムのアップグレードを行い、
新しいシステムを導入する必要がありました。
 
 
来歴:
===========================
弊社は、2015年から新システム導入の計画を立て、システムアップグレードの準備に取り組んでまいりました。新しいシステムには、数百もの新しいドメインの他に、SSL、DNSや、
ドメインの管理に関する様々なAPI、その他、多くの機能が追加されました。弊社は、この新システムの導入により、これから先絶え間なく変化を続けるドメイン業界において、今までよりも遥かに速いスピードで、お客様のニーズやご要望にお応えできるようになりました。
 
 
サポート:
===========================
これまでのシステムから新たなシステムに移行することで、お客様にお手間をおかけすることを心よりお詫び申し上げます。そして、新しい機能を理解し、使いこなしていただくためには、様々な心配や不安も発生することと存じます。こういった心配や問題などに対処すべく、弊社スタッフではサポート体制の強化に取り組み、お客様より頂きましたお問合せに対して、
可能な限り早くお問い合わせにお答え致します。また、弊社ウェブサイトに新しくFAQ (よくある質問) のページを追加しました。また、ビデオを利用した操作説明のコンテンツを、5月以降に弊社ウェブサイト上で公開いたします。
 
 
セールス:
===========================
また、弊社ではセールスサポートのスタッフ強化も行っています。
これらのスタッフは、特定のお客様に対して専属のサポートスタッフとして配属されます。
電話サポートを含む専属のセールスサポートスタッフをご希望の場合は、ウェブサイト上の連絡
フォームよりお問合せください。
 
 
将来の計画:
===========================
弊社のサービスは、今後さらなる成長と拡大を続けて参ります。そこで弊社は、法人サポートにさらなる強化をすすめる計画を立てています。弊社の新しいマネジメントチームは、国内外のドメインコンサルティング、ICANNコンサルティング、ドメイン紛争処理支援、特殊ドメイン取得など、幅広い分野におけるドメイン管理において深い経験を持っています。そして弊社では、これまで以上にお客様のニーズにお応えできるように、2016年中頃に新しい「法人のお客様向けドメイン管理サービス」を提供開始する予定です。このサービスには、電話サポート、請求書支払などの特別な支払い方法への対応、国内外の商標保護戦略コンサルティング、その他のドメイン関連サービスが含まれます。
 
 
請求システム:
===========================
旧システムでは、クレジットカード、銀行振込および口座振替の支払い方法に対応しておりましたが、新システムにおいても同様にこれらの支払い方法に対応しております。
 
旧システムにおきましては、都度更新したいドメインを選んで支払処理を行う必要がありましたが、新システムでは、アカウントに料金を事前に振り込んでおくだけで、ドメインの登録や更新などの取引に応じた金額が自動的に引き落とされます。これは、旧システムと比べて最も大きな変更であり、お客様の支払処理に対して影響があることと思います。そしてこの変更によって、御社経理担当者様へお手間をお掛けすることについて、心よりお詫び申し上げます。
 
4月1日から4月12日までの支払について:
この期間のお支払いにつきましては、これまで請求書を郵送で受け取られていたお客様には、この期間の請求書が5月に送られます。
 
 
4月12日から4月30日:
全てのお客様に請求書がEメールで送られます。また、以下の手順で請求書の内容をご確認いただくこともできます。
アカウントを管理>請求書/残高>請求書
 
紙面の請求書郵送をご希望のお客様は、下記リンク先のフォームよりご連絡ください。弊社より請求書を郵送させていただきます。なお、ご連絡をいただけない場合は、請求書の郵送は致しません。なお、上記「法人のお客様向けドメイン管理サービス」開始後は、本サービスにご登録いただいた企業様にのみ、お見積書 と紙面の請求書をお送りします。多くの企業様が、請求書によるお支払いをご希望されることと認識しております。弊社は、これに誠意を持って取り組み、お客様のあらゆるニーズにお応えしていきたいと考えております。
 
請求書発行依頼  http://psi.jp/bill
 
「アカウント残高:」と「現在利用できる金額:」の機能について説明します。原則として、残高をプラスに保っていれば、サービスの購入時 (新規ドメイン、更新、SSL等) に、料金が引き落とされます。ただし、システムが変更されたばかりなのでお客様の負担を考慮し、一時的にアカウントの残高がマイナスになってもドメインの登録更新処理を行っていただけるようにしております。残高がマイナスになった場合は、マイナス分の金額を弊社にお支払いいただく必要があります。アカウントの支払い方法がクレジットカードか銀行振込の場合は、弊社がお客様のアカウントに資金を充当し、残高を清算します。
 
例1:
現在の「現在利用できる金額」:   10,000円
ドメイン取得利用:1,000円
ドメイン取得後の「現在利用できる金額」:   9,000円
 
例1では、月末の請求はありません。残高がプラスなので、弊社への支払義務は一切ありません。
 
例2:
現在の「現在利用できる金額」:   10,000円
ドメイン取得利用:20,000円
ドメイン取得後の「現在利用できる金額」:   -10,000円
 
例2では、月末の残高が-10,000円となっているので、弊社より10,000円分の請求書をお送りします。これをクレジットカードか銀行振込でお支払いいただきますと、その金額がアカウントに反映され、新しい残高は「現在利用できる金額:   0円」に更新されます。
 
サービスをご購入いただいたお客様の、アカウントのマイナス残高を許容するのは、新システム移行後の暫定的な対応とさせていただきます。今後、「法人のお客様向けドメイン管理サービス」にご加入いただきましたお客様には、サービスの一環として、引き続き従来の「月末締め翌月末払い」および「見積書」をご利用いただくことができます。「法人のお客様向けドメイン管理サービス」の詳細については、今後の弊社からのニュースリリースよりご案内させていただきます。 
自動解約/自動失効
===========================
新システムには、いくつかの更新方法があります。以下の単位で、自動更新 (自動的に更新する) と自動失効 (自動的に失効させる) を設定できます。:
      -アカウントの全てのドメイン
      -各ドメイン
      -ドメインの種類 (例:.com/.jp/.net等)
 
弊社は、4月のシステム移行時に、お客様のドメインが意図せず失効してしまう事を避けるために、すべてのアカウントのドメインを自動更新 (自動的に更新する) に設定いたしました。万が一、更新を望まないドメインが意図せず更新されてしまった場合は、すぐにご連絡ください。更新をご希望でない分につきましては請求を致しません。更新および支払を望まないドメインをお知らせいただければ、弊社は請求を致しませんが、それらのドメインの管理権は直ちに失われ、DNSの設定が変更されます。この対応は、5月31日までとさせていただいております。それ以降は、ドメインの自動更新または自動失効の設定を個別に行ってください。
 
これらの自動更新・自動失効機能は、お客様にとって非常に便利な機能です。特にたくさんのドメインを保持している方や、絶対に失効させたくない、非常に重要なドメインを保持している方には便利にご利用いただけます。
 
 
 更新案内
===========================
以前、ドメイン更新のご案内は、登録されたドメインごとに通知されていました。新システムでは、更新案内は毎月1日、90日以内に失効する全てのドメインの一覧が通知されます。この更新案内は、6月1日に開始される予定です。
 
 
セキュリティ
===========================
旧システムの運用においてセキュリティの管理に最新の注意を払ってまいりました。新システムでは、さらなるセキュリティ設定の拡張を行い、ご利用のドメインやサービスの安全性を更に高めます。一例として、以下のような機能があります。:
A. ドメインロックの詳細設定機能 (ドメインロックを細かく設定可能)
B. 役割管理 (アクセス権を制限するユーザーを設定可能)
C. ログインでの二要素認証。この認証では、以下のようなスマートフォンを利用した自動生成のセキュリティコードによる二段階認証を行えます。:
 
 
 
FreeOTP (Android | iOS)
 
Google Authenticator (Android | iOS)
 
D. ログインのIP制限
 
 
まとめ
===========================
弊社は、この新システムへの移行により多くのお客様にお手間をおかけいたしましたことを心よりお詫び申し上げます。しかしながら、新システムへの移行後は、新システムの新たな機能の充実とサービスの拡大をお客様に実感していただけることと思います。弊社は、この新システムへの移行により日本でもっとも大規模なドメインサービスを提供する企業となりました。2016年2月に弊社ウェブサイト上で新システムへの移行についてご報告させていただきましたが、多くのお客様にはご認識がないか、もしくはご認識いただいていてもその影響がどのようなものであるかわからないことがあるかと思います。弊社では、これから先もお客様とのコミュニケーションを深めるため、今後も頻繁にウェブサイトを更新し、弊社サービスに関する新しい情報をお知らせ致します。ぜひ、弊社ウェブサイトをこまめにご訪問頂き、最新の情報をご確認ください。
 
これから先、拡張されたドメインの種類やサービス、また、様々なサービスを、皆様にご利用いただけることを楽しみにしております。
 
ご質問やご意見等がございましたら、遠慮なくご連絡ください。
 
今後ともよろしくお願い致します。
PSI-Japanサポートチーム