JPドメイン名の権威DNSサーバー設定確認・対応について

JPドメイン名の管理担当者様へ
 
 
汎用JP・属性型JPドメイン名に設定の権威DNSサーバーが、設定不備の可能性がある状態で運用されている事例が散見されております。
 
意図しないゾーン転送要求を拒否するための適切なアクセスコントロールの設定と、関連する設定内容の再確認の実施を推奨いたします。
 
 
■事例
 
JPRSのIPアドレスからのゾーン転送要求を許可する状態になっている権威DNSサーバーについて、アクセスコントロールが適切に設定されておらず、意図しないゾーン要求を許可している可能性があります。
 
 
■関連資料
 
本件の詳細及び対応方法などについては、以下の資料を参照ください。