ccTLD世界紀行 第8回 to.(トンガ)

ccTLD世界紀行、今回のccTLDは「.to」です。みなさん、だんだんと慣れてきましたよね。

今回は、どこだかわかりますか?トルコ?いや、それは「.tr」です。トルクメニスタン?いや、渋いですがそれは「.tm」です。 正解は、トンガ王国、です。以前にも書いたツバルなどと同じ、太平洋上の島国ですね。場所は、サモア島の南でフィジー島の東...といって場所を正確にイメージできる人は、よほどの南洋マニアか、海外旅行好きの人でしょう。

トンガ、という島の名前は、子供の頃からなんとなく、「南の島の象徴的な名前」として耳にする機会が多かったですよね。しかして、その実態は、あまり知られることがありません。 「王国」の名の通り、国王がいて、国民は10万名ほどです。実は江戸時代の日本のような厳格な身分制度が敷かれていて、王族、貴族、平民の3階層に分かれ、変更することは認められません!しかし現在の王家はすでに数百年間変わっておらず、封建的な息苦しさを連想しがちな私たちとは、受け取り方がちがうのかもしれませんね。

国土(?)は東西数百キロの海洋のあいだに散在するあまたの小島から成り立っていますが、首都ヌクアロファのある、トンガタプ島が最大のもの。人口の過半も、ここに集まっています。 ところで...わが国でトンガというと、どうしても、ラグビーのイメージが強いですよね。

小さな島国なのに、大柄な男性が多いのは伝統のようで、たとえば、二代前の国王も、身長が2メートル以上あったそうです。ポリネシア人は、もともとアジア系と南洋の人種が混血して発展したということで、大海の荒波をかいくぐってカヌーを漕ぎ、あちこちに出かけていた歴史が、彼らをたくましく鍛えたのかもしれませんね。

Photo credit:DFAT photo libraryviaVisualhunt.com/CC BY