adminさんのブログ

ドメイン転送設定方法

【URL転送】

特定のURLへのアクセスを、任意のURLへ転送します。
リダイレクト転送・フレーム転送の2種類の転送方法を選択できます。

        [リダイレクト転送]: ブラウザのアドレスバーには、転送先のURLが表示されます。

        [フレーム転送]: ブラウザのアドレスバーには、転送元のURLが表示されます。
                                ※ フレーム転送は、転送先URLがフレーム転送に対応していない場合、ご利用できません。

【メール転送】

特定のメールアドレスに届いたメールを、任意のメールアドレスに転送します。

 

●ドメイン転送設定例 PSI-DOMAIN.NET

 

【重要】.TELドメインオーナー様へのお知らせ

●使用制限の解除

これまで.telドメインにあった規制は解除されます。
今後は、.telドメインを通常のウェブサイトとして使用できるようになります。
また、新しく提供されるTelHostingプラットフォームを利用することもできます。

 

●新TelHosting

TelHostingプラットフォームが新しくなります。
これまでのように連絡先情報を保存でき、スマートフォンアプリやデスクトップでの管理もご利用可能となります。
 

こちらでデモ画面がご確認いただけます。http://telpage.tel

WDRPメールについて

gTLDを対象として、Whois情報を確認して頂くためにWDRPというメールを年1回送信しています。

 

件名: Whois情報確認のお願い - WDRP Notice ドメイン名
送信先: ドメインの登録者と管理担当者

 

ICANNの「Whois情報の確認に関する方針 (WDRP: Whois Data Reminder Policy) 」では、
レジストラに対してWhois情報の正確性の確認を毎年行うことを義務付けており、WDRPメールはその方針に則ったものです。

 

 

【重要】gTLDの登録者情報変更方法について

2016年12月1日より、gTLDの登録者情報の変更についてICANNの新移管ポリシーが変更されました。

 

●新移管ポリシー New Inter-Registrar Transfer Policy (IRTP) 

新移管ポリシーは、ICANNレジストラ間でのドメイントランスファーを管理するのものです。

特にこのポリシーは、ドメイン譲渡(登録者変更)に関する内容を含みます。

ドメイン名の登録者情報(氏名、組織名、またはメールアドレス)が変わる場合はいつでも、一連の確認、承認、Eメール送信が必要となります。今後はこれらの細かな変更に際しても、確認プロセスが開始されることに注意してください。

 

ドメイン名の登録者情報の、氏名・メールアドレス(登録者のメールアドレスが無い場合は管理者のメールアドレス)にいかなる変更があった場合も現登録者と新登録者により確認作業が実施されます。14日以内にレジストラより送信されたメールにて、いずれかの確認が取られない場合は、登録者情報変更はキャンセルされ、登録者情報は現登録者のままになります。

 

年末年始休業日のお知らせ

平素はPSI-Japanをご利用いただき誠にありがとうございます。
年末年始の休業日について、以下のとおりお知らせいたします。

 

年末年始休業日

2016年12月28日(水)~ 2017年1月4日(水)

 

休業中のお問い合わせにつきましては、1月5日(木)から順次対応いたします。
サポート窓口が込み合い、回答にお時間をいただく場合がありますが、何卒ご了承ください。

Registrant Verificationメールについて

ドメインの登録情報を確認するため、Registrant Verificationメールが送信される場合があります。
これは、ドメイン登録者のEメールアドレスが実在するものであると証明する為の手続きで、全てのgTLD(新gTLDを含む)が対象となっています。
 
gTLDドメインを新規登録した時、移管した時、登録メールアドレス情報を変更した時、またはレジストリの任意の決定によってRegistrant Verificationメールが送信されます。
このメールはランダムで送信されるため、上記のアクションを行った際に必ず送信されるものではありません。
 
この通知はICANNによって、Whois情報の正確性の確認を目的として定められているものです。
 
----------------------------------------------------
件名:【重要】登録者メールアドレス実在証明手続きのお願い- ACTION REQUIRED - Registrant Verification

ドメイン更新案内メールについて

◆1
gTLDを対象として、下記件名の更新通知メールが送信されます。
 
----------------------------------------
・IMPORTANT - ERRP #1 Notice - Domain Expiration Notification
  →送信時期:有効期限日より1ヶ月前
 
・IMPORTANT - ERRP #2 Notice - Domain Expiration Notification
  →送信時期:有効期限日より1週間前
 
・IMPORTANT - ERRP #3 Notice - Domain Expired Notification
 →送信時期:有効期限日より5日後(有効期限切れのドメインが対象)
----------------------------------------
 
この通知メールの送信先は、ドメインの登録者(Registrant)のメールアドレスです。

JPドメイン名の権威DNSサーバー設定確認・対応について

JPドメイン名の管理担当者様へ
 
 
汎用JP・属性型JPドメイン名に設定の権威DNSサーバーが、設定不備の可能性がある状態で運用されている事例が散見されております。
 
意図しないゾーン転送要求を拒否するための適切なアクセスコントロールの設定と、関連する設定内容の再確認の実施を推奨いたします。
 
 
■事例
 
JPRSのIPアドレスからのゾーン転送要求を許可する状態になっている権威DNSサーバーについて、アクセスコントロールが適切に設定されておらず、意図しないゾーン要求を許可している可能性があります。
 
 
■関連資料
 
本件の詳細及び対応方法などについては、以下の資料を参照ください。
 

ページ

Subscribe to RSS - adminさんのブログ